アトピー

ずっとステロイドを使い続けていたアトピーが  なぜ、痛みのないソフトな整体でアトピーが改善し、 脱ステでき、キレイな肌を取り戻すことができるのか?

ずっとステロイドを使い続けていたアトピーが  なぜ、痛みのないソフトな整体でアトピーが改善し、 脱ステでき、キレイな肌を取り戻すことができるのか?

あなたにはこのようなお悩みはありませんか?

  • ジュクジュクしたアトピーになり、かなりつらい
  • かゆくて目が覚める、寝つきが悪い
  • 血が出るほどかゆくてたまらない
  • 夏前の汗をかく時期や、冬前の乾燥する時期が怖い
  • ステロイド治療に限界を感じているが、薬がないと不安でしょうがない

なぜ、あなたのアトピーは今まで改善しなかったのか?

薬に頼っていた

ステロイドホルモンによるアトピー治療が未だ主流ですが、その副作用や効果に不安の声も多くあります。簡単に言えば、身体の中で足りていないものを外から足すことで症状が出ないようにする、というのがステロイド治療ですが、その効果には限界があります。

何より、使用を続けていると、身体は自分でステロイドを作る必要が無いと錯覚し、より症状が強くなるパターンが多いのです。

なので、いつまでもステロイドを使い続けなければならなくなり、更に量を増やしたり、より強い薬に替えなければならなくもなります。
より強い薬は、当然副作用も強くなります。

 

もちろん、ステロイドの使用によって改善し、スムーズにステロイドから離れられる場合もありますが、どちらにせよ薬による治療だけでは根本的な解決に至ることは難しいでしょう。

 

「でも薬が無いととてもじゃないけれど外に出られない」
「薬を使わないと痒くて夜も眠れない」
「使っている間は平気だから・・・」

 

アトピーは、状態によっては人目も気になりますし、そう簡単に薬を止められるものではないかも知れません。薬を使っていることで症状が落ち着き満足しているならば、それが悪いことだとは思いません。

 

けれど、薬の治療に不満や不安があるなら、それ以外の方法を考えてみる必要があるかも知れません。それが、整体によって身体の中から変えていくという方法です。アトピーの原因は何なのか?それを考えれば、薬ではない方法で改善することが可能になります。

そもそもアトピーの原因は

脳と内臓の機能低下

アトピーは免疫疾患と言えます。免疫が異常に反応してしまい、皮膚などに症状が出てしまうのですが、ジュクジュクした炎症部は、黄色ブドウ球菌の繁殖が主な原因と言われています。

こうして、皮膚の弱くなった免疫機能によって細菌が繁殖している部分に現れるのです。

さらに、皮膚の炎症があると血管が拡張して、血や新浸出液が出るために皮膚がスポンジ状になり、少しかいただけでも血や浸出液が出るようになるのです。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

 

ひとつは、成長過程でアレルゲンとの接触が少ないと些細な異物にも反応してしまうという、育った環境による原因が考えられています。

成長期の環境はとても大切です。農薬によってキレイにされた食物や、過剰に除菌・殺菌された部屋などで過ごすと、本来なら免疫に対して適度なストレスすらなくなり、免疫力が低下したり、成長してから過剰に反応してしまいやすくなります。

何が有害で、なにが無害なのか、免疫の判断が正常に働いていないということですね。これは、脳の視床下部という部分で判断されており、脳へのストレスによって働きが乱れることも考えられます。

 

もう一つが、呼吸、排便、発汗などによって毒素を排出する力が落ちてしまい、体内に不必要なものが増えていることで、症状を出しやすくなる内臓機能の低下です。

体内の毒となるものは内臓でろ過され便や汗などで体外に排出されますが、その量が多すぎたり、排出する力が弱まっていると、必然的に体内に毒が溜まります。毒が溜まれば内臓は疲弊し、ダメージを受けます。そのダメージが、皮膚に症状として出てくるのです。

 

内臓の排出する力が弱まってしまう原因としては、内臓を包む横隔膜が固く張っていたり、更にその外側の肋骨の固さがあります。アトピーで長く悩まれている人で、お腹の張りや肋骨の固さ、歪みが強い人が多くいらっしゃいます。

 

アトピーの原因は、脳と内臓の働きが低下していることなのです。

では、なぜ当院の施術でアトピーが改善するのか?

骨格、内臓、頭蓋骨すべてを調整できるから

脳も内臓も、生命活動のためにとても大切な部分ですよね。なので、身体はこの二つをとにかく守ろうとします。

しかし、あくまで「生きること」が最重要なので、少しばかり機能が低下してでも、脳や内臓が安全であることが優先されます。内臓を守る横隔膜や肋骨、脳を守る頭蓋骨、それらを支える背骨や骨盤などは、そういった優先順位に則って歪みます。

 

ですので、アトピーの原因である、脳への負荷や内臓疲労を取り除くためには、横隔膜の硬さ、頭蓋骨、肋骨の歪みを調整しなければなりませんが、そもそもそれらが硬く歪んだ理由も考えなければなりません。これらは、部分部分の問題ではなく、一つの身体のなかで起こっていることです。一言で表すならば、バランスが何より大切なのです。

 

例えば、足首が硬くて動かないために、立っている間バランスを保つために、頭を傾けているかも知れません。指や腕の使い方に偏りがあるために、支える体幹がねじれているかも知れません。

その人が、どうしてバランスを崩しているのか、どうしてアトピーであるのか、その根本的な原因を探して見つけ出すことが出来るので、アトピーに効果的な施術が可能になります。

 

さらに、かゆくて眠れない、目が覚める方は、睡眠の質あげる自律神経の調整も必要になります。

百年整体葛西院が症状を根本から改善できる3つの理由

痛いところに囚われない全身調整

腰痛、膝痛、ヘルニア、四十肩、片頭痛…。 様々な症状がありますが、それぞれに必ず原因があります。
そしてその原因は、症状の出ている患部(痛みやしびれを感じる場所)とは別の部分であることがほとんどだと、臨床上の経験で判明しています。

百年整体 葛西院では、患部に囚われず、筋肉・筋膜・骨格・内臓・体液循環など、その人の身体全体を検査しながら、本当の原因がどこにあるのか見つけていきます。
本当の原因が見つかれば、きっと症状は改善していきます。

ただ揉んだり叩いたりではないソフトな調整

整体院に行ったらバキッとするような調整を受けた…。
接骨院で患部を力いっぱい揉まれた…。

こういう経験をされたことはありませんか?
それぞれの治療法を否定するつもりはありませんが、ただ力いっぱいに、強い刺激を入れれば良くなるというほど、人の身体は簡単ではありません。
むしろ、強い刺激が組織を傷つけてしまい、治りを遅くしていることもあります。

百年整体 葛西院ではそのようなリスクのある調整は一切行いません。
触れているだけのような、揺れているだけのような優しい刺激で、しかし抜群の効果を出せる独自の調整法を用い、身体の回復を阻害せず、最短での改善を可能にしています。

100年整体 葛西院の、ソフトな全身調整法

これにより、痛みを出す組織を傷つけることなく回復させることが出来るのです。このような技術はとても難度の高いものですが、特に痛みやしびれがある症状には効果的です。

この道10年の豊富な臨床経験

日本には、整体院・接骨院・治療院…たくさんの「身体を良くするお店」があります。
民間療法である整体師も技術レベルは幅広く、3日で認定証をくれる整体の学校もあれば通信で取れる免許などもあります。

私、高橋は高校卒業後、大阪のカイロプラクティックの専門学校(2年間の通学制)を卒業しました。さらにインターンとして2年間臨床実績を積んだ後、地元愛媛で3年間カイロプラクティック院で仕事をしてきました。
その中で、どこに行けば治るのか、どこなら安心して身体を任せられるのか、悩まれることと思います。

そんな時には、目に見える実績が、一つの指標になると思います。
院長高橋はこの世界に入って10年、様々な症状、身体の歪みと出会ってきました。 その中で、外反母趾矯正や巻き爪矯正の豊富な臨床経験を積み、特に足の調整にかけては絶対の自信と実績があります。

メールでのご予約はこちら

追伸

なんとなく、身体の中の問題だから、薬じゃないと治らない、というイメージがあるかも知れませんが、身体の本来の働きを正常に戻してあげれば、薬に頼る必要は無くなります。もうステロイドに頼らなくていい、副作用を心配しなくていい生活は、きっと手に入ります。
不安なことは何でも相談してください。ひとつひとつ丁寧にご説明もいたしますので、是非一度ご相談ください。

痛み・しびれの最後の砦 100年整体葛西院

住所
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西3-1-13
TEL
0120-977-887

定休日:水曜、祝日 ※ 他、不定期で休業させていただく場合があります。

受付時間
9:00〜20:00  x

詳しい道順を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加