パニック障害

数年間悩まされ続けていたパニック障害が  なぜ、痛みのないソフトな整体でパニック症が改善し、 人ごみにいっても発作を心配する必要がなくなるのか?

数年間悩まされ続けていたパニック障害が  なぜ、痛みのないソフトな整体でパニック症が改善し、 人ごみにいっても発作を心配する必要がなくなるのか?

あなたにはこのようなお悩みはありませんか?

  • 突然のめまいや動悸に襲われる
  • 人が大勢いるところに行くのが怖い
  • またあの発作が起こるのではないかと不安になる
  • 薬を飲んだけどあまり変わらなかった
  • ずっとこのままで生活するのは辛い

なぜ、あなたのパニック障害は今まで改善しなかったのか?

身体のなかの問題を解決できていなかった

パニック障害の治療としては、現在、薬物療法や認知療法、自律訓練などが行われています。これらで十分に効果が出ているならば良いのですが、中にはこういった方法ではなかなか効果が出にくい、または一旦良くなってもまた再発を繰り返しているという方がいらっしゃいます。

 

パニック障害の原因は、簡単に言えば脳内物質の一つであるセロトニンが不足していることです。 セロトニンが不足していると、精神が異常に昂ったり、不安や恐怖を感じやすくなり、沢山の人の中にいたり、注目を浴びたりすることで「発作」が起こります。

 

パニック障害には予期不安という症状があります。発作が起こった状況、場所などに行くのを忌避したり、また発作が出てしまうのではないかとどうしようもなく不安になってしまう状態です。

 

この予期不安によって、余計に恐怖心や不安感が増し、症状が悪化していく悪循環に陥ってしまうケースが多くあります。発作が起こった場所や行動を繰り返し訓練し症状が出ない経験を積ませたり(認知療法)、自分をコントロールするための訓練による克服も可能ではありますが、根本的には“なぜセロトニンが不足したのか”を解決しなければ、慢性化や再発の可能性が高くなります。

 

セロトニンが不足している、という身体の中の出来事に着目することで、根本的に改善していくことが出来るでしょう。

そもそもパニック障害の原因は

セロトニンの不足

パニック障害の原因は、簡単に言うとセロトニンの不足です。
では、セロトニンとは何かというと、「幸せ」を感じる時に分泌される物質です。この「幸せ」というのは、興奮してHighな状態とは真逆の、精神が落ち着きリラックスした状態の「幸せ」です。

 

「ほっとする」と言い換えてもいいかも知れません。

 

セロトニンが不足すると「ほっとできない」ので、そわそわしたり、気が立ったり、落ち着けなくなります。パニック障害の症状を考えると、セロトニンが大切なことが分かりますね。セロトニンが不足するということは、材料が足りないか、作る力が弱まっているか、もしくは相対的にセロトニンと反対の働きをする物質が増えていることが考えられます。

 

セロトニンの材料となるのはトリプトファンという必須アミノ酸で、体内では作られない物質なので、食べ物から摂取するしかありません。大豆や乳製品などが含有量の多いものなので、これらを意識的に摂取するだけでもセロトニンは増えていきます。

 

トリプトファンを摂取したあと、体内でセロトニンを作るには腸内環境が重要になります。セロトニンは脳内物質と呼ばれてはいますが、実はそのほとんどが腸で作られいます。腸内環境が悪いとセロトニンが低下することになるので、パニック障害に繋がりやすくなります。例えば、便秘になりやすかったり、下しやすい、お腹が張った感じはありませんか?パニック障害の方は、こういったお腹の症状が一緒にある傾向にあります。

 

セロトニンは「ほっとする」物質ですが、その逆の働きをするのがアドレナリンやドーパミンです。これらの名前は聞いたこともあると思いますが、身体の活動を活発にさせる、いわゆる「High」になる物質です。心拍数や血圧を上げたり、神経を昂らせて、身に迫る危険に対処するのが本来の役割です。これらが多量に、または頻繁に分泌されていると、身体は「ほっと」休める時が少なくなり疲労していきます。更に慢性化してくると、ちょっとしたことで興奮状態になりやすくなり、危険も無いのに脳は危険だと錯覚してしまうのです。
パニック障害の症状と似ていますよね?

 

セロトニンの不足(生産能力の低下や相対する物質の増加)が、パニック障害を引き起こす原因となります。

では、なぜ当院の施術でパニック障害が改善するのか?

体内の環境から変えていくから

パニック障害の原因はセロトニンの不足です。

 

治療のためには、セロトニンを十分に生産出来る身体の環境を作る必要があります。加えて、アドレナリンなどが過剰に生産されないことも必要になります。

 

この“セロトニンを生産できる身体の環境”がどういった状態かと言うと、

 

①内臓を支える骨盤が安定している
②肋骨と横隔膜が柔らかく、深く呼吸できる

 

この二点が要点になってきます。

 

身体の構造として、内臓は骨盤に支えられるように位置しています。骨盤が傾いていたり、左右に歪みがある状態だと、内臓の位置が安定せず、腸の働きが低下してしまいます。これではセロトニンの生産に障るので、骨盤が安定した状態であることが欠かせません

 

骨盤が安定するためには、ただ骨盤の歪みを整えればいいというだけではなく、股関節、膝、足首の連動が出来ていることも条件に含まれます。骨盤は身体の中心ですが、中心を支えるのは足なのです。百年整体葛西院では下半身の症状に特化した技術を使用しますので、骨盤が安定するための調整は最も得意とするところです。

 

また、構造的に腸が安定した上で、セロトニンの生産を制御するのは自律神経の役割です。深く呼吸が出来ることで自律神経が正しく働けるので、肺を動かす肋骨と横隔膜の調整が必要になります。

 

呼吸をする際に、肋骨と横隔膜の運動によって肺の中の空気を吐き出していることは、意外と知られていません。腹式呼吸の訓練なども効果がありますが、やはり構造的に肺が十分に空気を取り込める状態であることが優先になります。肋骨、横隔膜の運動に制限が無ければ、自然と呼吸は深く出来るようになります。すると、自律神経が正しく働き、セロトニンの生産が滞りなく進むようになるでしょう。

 

百年整体葛西院では骨盤の安定、肋骨と横隔膜の調整を行うことで、セロトニンの生産を促進させ、パニック障害を改善させていきます。

自律神経 びっくりするほど軽くなりました

お客様写真

自律神経のバランスが悪く、毎日がだるい感じでしたが、
びっくりするほど体が楽になりました!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

施術のあとはぐっすり眠れます

アンケート用紙

転勤先の大阪の整体の先生の紹介で伺いました。軽いパニック障害のために”イライラ”したり、体のこりがひどかったのですが、施術の後はいつもスッキリして帰ることができます。

特に整体してもらった日の夜は、ぐっすり眠れるので心も体もとても楽になります。

今後ともよろしくお願いします。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

毎月のメンテナンスが楽しみ

アンケート用紙

全身の疲れ・パニック障害による過換気症候群により、薬での治療を行うも改善されず、何かいい治療院をといろいろ検索し、鍼灸治療も行うがいい結果がなく、たまたまインターネットでこちらの掲載を見かけ現在も来院中です。

月に1度のメンテナンスを行って頂き、身体の内外の疲れも改善され、毎月の施術が楽しみです。

普段家庭でも行えるストレッチなどのアドバイスも活用させて頂いてます。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

百年整体葛西院が症状を根本から改善できる3つの理由

痛いところに囚われない全身調整

腰痛、膝痛、ヘルニア、四十肩、片頭痛…。 様々な症状がありますが、それぞれに必ず原因があります。
そしてその原因は、症状の出ている患部(痛みやしびれを感じる場所)とは別の部分であることがほとんどだと、臨床上の経験で判明しています。

百年整体 葛西院では、患部に囚われず、筋肉・筋膜・骨格・内臓・体液循環など、その人の身体全体を検査しながら、本当の原因がどこにあるのか見つけていきます。
本当の原因が見つかれば、きっと症状は改善していきます。

ただ揉んだり叩いたりではないソフトな調整

整体院に行ったらバキッとするような調整を受けた…。
接骨院で患部を力いっぱい揉まれた…。

こういう経験をされたことはありませんか?
それぞれの治療法を否定するつもりはありませんが、ただ力いっぱいに、強い刺激を入れれば良くなるというほど、人の身体は簡単ではありません。
むしろ、強い刺激が組織を傷つけてしまい、治りを遅くしていることもあります。

百年整体 葛西院ではそのようなリスクのある調整は一切行いません。
触れているだけのような、揺れているだけのような優しい刺激で、しかし抜群の効果を出せる独自の調整法を用い、身体の回復を阻害せず、最短での改善を可能にしています。

100年整体 葛西院の、ソフトな全身調整法

これにより、痛みを出す組織を傷つけることなく回復させることが出来るのです。このような技術はとても難度の高いものですが、特に痛みやしびれがある症状には効果的です。

この道10年の豊富な臨床経験

日本には、整体院・接骨院・治療院…たくさんの「身体を良くするお店」があります。
民間療法である整体師も技術レベルは幅広く、3日で認定証をくれる整体の学校もあれば通信で取れる免許などもあります。

私、高橋は高校卒業後、大阪のカイロプラクティックの専門学校(2年間の通学制)を卒業しました。さらにインターンとして2年間臨床実績を積んだ後、地元愛媛で3年間カイロプラクティック院で仕事をしてきました。
その中で、どこに行けば治るのか、どこなら安心して身体を任せられるのか、悩まれることと思います。

そんな時には、目に見える実績が、一つの指標になると思います。
院長高橋はこの世界に入って10年、様々な症状、身体の歪みと出会ってきました。 その中で、外反母趾矯正や巻き爪矯正の豊富な臨床経験を積み、特に足の調整にかけては絶対の自信と実績があります。

メールでのご予約はこちら

追伸

パニック障害は精神的なものだと思われがちですが、身体の面からアプローチすればしっかり改善できる症状です。決して「自分は精神的に弱い」なんてことは思わないでください。
焦らずしっかりと身体の状態を良くしていき、予期不安から解放された生活を取り戻しましょう。

痛み・しびれの最後の砦 100年整体葛西院

住所
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西3-1-13
TEL
0120-977-887

定休日:水曜、祝日 ※ 他、不定期で休業させていただく場合があります。

受付時間
9:00〜20:00  x

詳しい道順を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加