紫斑病

薬には頼りたくないがつらくどうにかしたい紫斑病が、なぜ、痛みのないソフトな整体で紫斑病が改善し、安心して楽しい毎日を送れるようになるのか?

薬には頼りたくないがつらくどうにかしたい紫斑病が、なぜ、痛みのないソフトな整体で紫斑病が改善し、安心して楽しい毎日を送れるようになるのか?

あなたにはこのようなお悩みはありませんか?

  • 紫斑病にかかってひどい腹痛が続いている
  • 熱や炎症がある
  • 安静にと言われたが、どうにかして早く良くしたい
  • 子供が辛そうにしていて、楽にしてあげたい
  • 風邪を引くたびに繰り返しているので、根本的によくしたい

なぜ、あなたの紫斑病は今まで改善しなかったのか?

安静にするだけでは回復しきれない時は歪みが原因かもしれません

紫斑病は血管のなかで炎症がおきる疾患です。皮膚の下で内出血がおきるとお尻や脚に紫色の斑点が現れるため紫斑病と呼ばれていますが、関節や消化器系でも炎症がおきると関節痛や激しい腹痛を訴えます。

 

まずは小児科や皮膚科を受診することが先決ですが、治療法としては安静にし、繰り返し症状があるのであれば薬物療法、鎮痛剤やステロイド薬を投与することが普通です。

 

しかし、安静にするというのもいつまで続くのかわからなければ不安ですし、なにより症状が続くととても辛いものです。紫斑病を患っているご本人さまもですし、小さなお子さまですとご家族も心配ですよね。

 

なにか紫斑病を改善するために出来る事はないか、探しておられることと思います。実は紫斑病の症状は、背骨の歪みを調整することで改善するケースがとても多いことをご存知でしょうか。紫斑病の原因は医学的にはまだ正確にはわかっていませんが、臨床の現場では背骨の調整により改善することが経験からわかってきています。

 

・お腹が痛くてごはんも食べられない
・関節痛がつらい
・いつまで続くのか不安

 

そのお悩みは、背骨の調整によって解決することができるかもしれません。

そもそも紫斑病の原因は

背骨の歪みによって内臓機能が低下している

紫斑病は、アナフィラクトイド紫斑病、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病とも言われ、血管に炎症が起こり内出血する疾患です。足やお尻、お腹などに紫色の斑点が現れることが特徴で、そのため皮膚疾患と思われる方もいらっしゃいますが、正確には血管内の炎症ですので検査では触診だけでなく血液検査も行います。炎症が皮膚だけでなく、関節や消化器、腎臓にまで及ぶとさまざまなつらい症状を伴います。

 

むくみや関節痛、倦怠感、発熱のほかにも、腹痛や嘔吐、吐血、血尿など、更に進行すると腎臓に問題がでてきます。腎臓トラブルにまで発展すると難病指定となり、長期の治療が必要になります。進行する前にしっかりと処置することが大切です。

 

医学的には、原因はわかっていません。ウイルスや食品、薬剤などのアレルギーにより免疫異常がおこり血管炎を起こしていると考えられていますが、風邪などの先行症状を伴う事が多く、はっきりとは判明していないのが現状です。

 

アレルギー性紫斑病と呼ばれるように、アレルギーによっておこることはわかっているので、治療としてはどうやってアレルギー反応を抑えるか、を考えることになります。

 

けれど、ウイルス、食品や薬剤、なにがアレルギー反応を起こしているのかわからなければ対処も難しいですよね。安静にしておきなさい、とお医者さんに言われても、いまの辛い症状をどうすればいいの!と憤る気持ちもあると思います。

 

実は、整体の臨床現場において、背骨の歪みがアレルギー反応を起こすきっかけになっている可能性が高いことがわかってきています。詳しくは次の項で述べますが、背骨の歪みが、免疫の9割を占める内臓機能を低下させ、疲労と緊張を持続させることで回復を遅らせているのです。

では、なぜ当院の施術で紫斑病が改善するのか?

中枢神経と内臓の働きを活性化させ炎症を回復させていく

百年整体葛西院では、紫斑病の原因は以下の3つだと考えています。

 

①背骨の歪みによる中枢神経の圧迫
②内臓機能の低下
③疲労の蓄積と循環悪化

 

紫斑病で悩まれている方には、背骨の歪みが目に見えてわかるくらいひどい方が多いです。仰向けに寝てもらい、本人はまっすぐのつもりでも、外から見ると斜めに曲がっているケースがほとんどです。そして、その背骨の歪みを調整することで早期に改善するケースも同じくらい多いのです。

 

背骨が歪む、というとどういった状態を想像するでしょうか。

 

ひどい猫背のように丸まっていたり、例えば側弯症のようなS字に曲がった状態もありますよね。他にも捻じれるように歪んだり、反り腰がきつかったり、背骨は色々な歪み方をします。それというのも、背骨は24個の椎体が連なった云わばロープのようなもので、体の動かし方に合わせて柔軟に対応できる作りになっているのです。

 

そして、背骨の動き方を決めるのは、上下にくっついている骨盤と頭蓋です。骨盤が歪めば背骨はそれに合わせて曲がっていき、頭蓋を支えるために更に無理な姿勢を維持しなければならないこともあります。

 

背骨の中には中枢神経が通っており、背骨が歪むことでその働きが低下します。中枢神経はまさに生命活動の中枢を担っており、免疫機能はその最たるもののひとつです。背骨が歪むことで免疫機能に不具合が生じやすくなり、紫斑病などを発症しやすくなります。

 

背骨が歪む時は、ほぼ必ず骨盤も歪みます。骨盤が歪むと、背骨だけでなく、骨盤が支えている内臓の位置がズレてしまい、その働きも弱まってしまうのです。免疫の9割は腸が担っており、骨盤の歪みが腸の圧迫を生み免疫が弱まることは、紫斑病だけでなく、様々な疾患の原因となりえます。

 

そして、背骨が歪んだ状態は、体幹を支える筋肉に過剰なストレスを強いるため疲労が溜まり、中枢神経の圧迫から循環も滞り回復できなくなります。炎症をとるためにも循環は大切です。

 

このように、背骨が歪むことが、紫斑病の原因となり改善を遅らせる様々な原因と繋がっているのです。

 

「背骨が歪む」→「中枢神経の圧迫」「骨盤の歪み」→「内臓機能の低下」「循環の悪化」「疲労蓄積」→紫斑病

 

百年整体葛西院では、このメカニズムに基づき、背骨の歪みを調整することで紫斑病を出来る限り早期に改善し、再発しにくい体つくりを行っていきます。調整方法も、バキバキしたり、ぐいぐい押すのではなく、ソフトで心地の良い手技を用いますので、小さなお子さまでも安心して受けることができます。

 

紫斑病の辛い症状でお困りの方は、いつでもお気軽に百年整体葛西院へご相談ください。紫斑病の臨床経験を積んだ施術者が対応させていただきます。

突発性血小板減少性紫斑病 1ヶ月目の病院検査でなんと数字があがっていました。

アンケート用紙

突発性血小板減少性紫斑病で、35年前から難病指定でした。ちょっとぶつけてもアザが出来ます。

 

大学病院3軒、整体、東洋医学治療、漢方薬とどこへ行っても、全く効果なし、私の血小板はびくとも増えませんでした。

この度、インターネットで目に止まり、信じられませんでしたが、試しに通ってみました。

1ヶ月目の病院検査で、なんと数字があがっていました。まだ信じられませんが驚きです。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

百年整体葛西院が症状を根本から改善できる3つの理由

痛いところに囚われない全身調整

腰痛、膝痛、ヘルニア、四十肩、片頭痛…。 様々な症状がありますが、それぞれに必ず原因があります。
そしてその原因は、症状の出ている患部(痛みやしびれを感じる場所)とは別の部分であることがほとんどだと、臨床上の経験で判明しています。

百年整体 葛西院では、患部に囚われず、筋肉・筋膜・骨格・内臓・体液循環など、その人の身体全体を検査しながら、本当の原因がどこにあるのか見つけていきます。
本当の原因が見つかれば、きっと症状は改善していきます。

ただ揉んだり叩いたりではないソフトな調整

整体院に行ったらバキッとするような調整を受けた…。
接骨院で患部を力いっぱい揉まれた…。

こういう経験をされたことはありませんか?
それぞれの治療法を否定するつもりはありませんが、ただ力いっぱいに、強い刺激を入れれば良くなるというほど、人の身体は簡単ではありません。
むしろ、強い刺激が組織を傷つけてしまい、治りを遅くしていることもあります。

百年整体 葛西院ではそのようなリスクのある調整は一切行いません。
触れているだけのような、揺れているだけのような優しい刺激で、しかし抜群の効果を出せる独自の調整法を用い、身体の回復を阻害せず、最短での改善を可能にしています。

100年整体 葛西院の、ソフトな全身調整法

これにより、痛みを出す組織を傷つけることなく回復させることが出来るのです。このような技術はとても難度の高いものですが、特に痛みやしびれがある症状には効果的です。

この道10年の豊富な臨床経験

日本には、整体院・接骨院・治療院…たくさんの「身体を良くするお店」があります。
民間療法である整体師も技術レベルは幅広く、3日で認定証をくれる整体の学校もあれば通信で取れる免許などもあります。

私、高橋は高校卒業後、大阪のカイロプラクティックの専門学校(2年間の通学制)を卒業しました。さらにインターンとして2年間臨床実績を積んだ後、地元愛媛で3年間カイロプラクティック院で仕事をしてきました。
その中で、どこに行けば治るのか、どこなら安心して身体を任せられるのか、悩まれることと思います。

そんな時には、目に見える実績が、一つの指標になると思います。
院長高橋はこの世界に入って10年、様々な症状、身体の歪みと出会ってきました。 その中で、外反母趾矯正や巻き爪矯正の豊富な臨床経験を積み、特に足の調整にかけては絶対の自信と実績があります。

メールでのご予約はこちら

追伸

紫斑病は、時に感染するものと勘違いされることもあり、見た目を気にされる方もいらっしゃいます。炎症がなくなれば斑点も消えていきますし、感染するものではありませんので、もし、お子さまが気にされていたら「大丈夫」と励ましてあげてください。

 

腎臓へ及ぶと難治となりますが、その前にしっかりとケアしていけば改善していきますので、お早めにご相談ください。しっかりと診ていきますので、安心してくださいね。

痛み・しびれの最後の砦 100年整体葛西院

住所
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西3-1-13
TEL
0120-977-887

定休日:水曜、祝日 ※ 他、不定期で休業させていただく場合があります。

受付時間
9:00〜20:00  x

詳しい道順を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加