胸郭出口症候群

他院では改善しなかった胸郭出口症候群がなぜ、痛みのないソフトな整体で 胸郭出口症候群が改善し、 腕のだるさや首の痛み から解放されるのか?

他院では改善しなかった胸郭出口症候群がなぜ、痛みのないソフトな整体で 胸郭出口症候群が改善し、 腕のだるさや首の痛み から解放されるのか?

あなたにはこのようなお悩みはありませんか?

  • 首を傾げると痛みやしびれがある
  • 腕を上げていくとピリッとした痛みが走る
  • 手の握力が弱くなっている感じがする
  • 揉んだり伸ばしたりしても効果が無い
  • どうしようもないだるさが腕にずっとある
  • 手術はしたくない

なぜ、あなたの胸郭出口症候群は今まで改善しなかったのか?

原因でないところばかりを揉んだり伸ばしたり

腕を上げたり首を傾げたりするとしびれや痛みの出る胸郭出口症候群、その原因は明確にされています。胸郭とは肋骨や胸骨による上半身の外枠のことで、肺や心臓のある部分の囲いだとイメージしてください。胸郭出口は鎖骨と肩甲骨の間や、鎖骨と肋骨の間のスペースを指し、血管や神経束の通り道になっています。胸郭出口症候群は、この通り道において血管や神経が圧迫を受けることで出る症状をまとめて呼びます。

 

つまり、その圧迫を無くしてあげれば症状は無くなると考えられているのですが、治療を受けてもなかなか良くならないことがあります。

 

特に原因と言われているのが斜角筋(首を左右に動かす筋肉)ですが、温めたり首を牽引、ブロック注射などで斜角筋を緩めても改善しない事が多くあります。果ては手術で切除、ということにもなるようですが、それは病院でもほんとに最後の手段とされています。

 

しかし、そこまでして改善しない、あるいは再発をくり返すのであれば、本当に斜角筋が原因なのか、本当に胸郭出口での圧迫だけが原因なのか、疑わしくはなりませんか?

 

あなたの辛い症状は、症状胸郭出口での圧迫自体は本当でも、その圧迫を起こしているのは身体のもっと深いところ、土台となるところから由来するものかもしれません。

そもそも胸郭出口症候群の原因は

土台からの崩れがシワ寄せになっている

胸郭出口は、簡単に言えば鎖骨の上と下の部分です。このどちらで圧迫が起こっているのかで、症状が腕に出るのか、首に出るのかが違います。どちらにしろ、鎖骨が関わっているのは間違いないでしょう。

 

では、鎖骨が悪さをして圧迫を起こしているのかと言うと、そうではありません。鎖骨はどちらかと言うと“被害者側”になります。

 

鎖骨は胸骨と肩甲骨と繋がって関節を作っています。形だけを見ると、鎖骨と肩甲骨は肋骨、胸骨で形成された胸郭に乗っています。なので、鎖骨の動きは胸骨や肋骨に依存することになります。

 

意外に知られていないのが、肋骨が歪むことがあるということです。肋骨はもともと呼吸のために膨らんだり萎んだりを繰り返しています。これは触りながら深呼吸するとすぐに分かりますね。人の身体のどの部分にも言えることですが、動くということは必ず歪む可能性があるということです。

 

例えば、背中を丸めて片膝を上げる座り方をして深呼吸をしようとすると、深く吸い辛いですよね。姿勢によって肋骨が歪み、動きにくくなるということです。こういった姿勢をしている時は、実は胸郭出口も圧迫が起こりやすい状態になっています。土台の肋骨が歪めば、それに乗っている鎖骨も合わせて歪まなくてはいけません。鎖骨は言うなれば肋骨からの“シワ寄せ”のために胸郭出口を圧迫せざるを得なくなっているのです。

 

では、肋骨が歪みを元に戻し、歪まなくなるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。先ほども書いたように、動く以上は歪んでしまう、これは仕方ありません。大事なのは、歪んだまま固まってしまわない柔軟性がある状態であることです。これを、当院では正しくバランスが取れている状態と考えます。

では、なぜ当院の施術で胸郭出口症候群が改善するのか?

姿勢を土台からしっかり変えていく

バランスが取れていると言うと少し漠然としているので、目に見えて分かりやすいのは正しい姿勢が取れている、と言い換えます。

 

姿勢は誰もが気にしたことがあり、かつほとんどの人が正しい姿勢がどのようなものかわかっていません。ただ背筋が伸びている、だけでは不十分です。特に、自分では背筋を伸ばしているつもり、の姿勢がきつい反り腰や生理弯曲の崩れを助長することがあります。

 

正しい姿勢に大切なのは、仙骨の位置と動きです。背骨の一番下にある仙骨の如何で、背骨は正しくも歪みもします。仙骨の状態が悪ければ背骨の並びが悪くなり姿勢が崩れます。そして、姿勢が崩れれば鎖骨、胸郭出口にシワ寄せがいき圧迫、となります。

 

百年整体葛西院では、胸郭出口症候群を改善するためにただ首回りを揉んだり、牽引したりという意味のないことはしません。大事なのは姿勢だからです。正しい姿勢を取り戻すことが、胸郭出口症候群の改善に繋がります。

 

その場しのぎではなく、胸郭出口症候群をしっかりと根本から改善したいのであれば、当院にご相談ください。土台となる姿勢から変えていくことで、きっとあなたの力になれると思います。

百年整体葛西院が症状を根本から改善できる3つの理由

痛いところに囚われない全身調整

腰痛、膝痛、ヘルニア、四十肩、片頭痛…。 様々な症状がありますが、それぞれに必ず原因があります。
そしてその原因は、症状の出ている患部(痛みやしびれを感じる場所)とは別の部分であることがほとんどだと、臨床上の経験で判明しています。

百年整体 葛西院では、患部に囚われず、筋肉・筋膜・骨格・内臓・体液循環など、その人の身体全体を検査しながら、本当の原因がどこにあるのか見つけていきます。
本当の原因が見つかれば、きっと症状は改善していきます。

ただ揉んだり叩いたりではないソフトな調整

整体院に行ったらバキッとするような調整を受けた…。
接骨院で患部を力いっぱい揉まれた…。

こういう経験をされたことはありませんか?
それぞれの治療法を否定するつもりはありませんが、ただ力いっぱいに、強い刺激を入れれば良くなるというほど、人の身体は簡単ではありません。
むしろ、強い刺激が組織を傷つけてしまい、治りを遅くしていることもあります。

百年整体 葛西院ではそのようなリスクのある調整は一切行いません。
触れているだけのような、揺れているだけのような優しい刺激で、しかし抜群の効果を出せる独自の調整法を用い、身体の回復を阻害せず、最短での改善を可能にしています。

100年整体 葛西院の、ソフトな全身調整法

これにより、痛みを出す組織を傷つけることなく回復させることが出来るのです。このような技術はとても難度の高いものですが、特に痛みやしびれがある症状には効果的です。

この道10年の豊富な臨床経験

日本には、整体院・接骨院・治療院…たくさんの「身体を良くするお店」があります。
民間療法である整体師も技術レベルは幅広く、3日で認定証をくれる整体の学校もあれば通信で取れる免許などもあります。

私、高橋は高校卒業後、大阪のカイロプラクティックの専門学校(2年間の通学制)を卒業しました。さらにインターンとして2年間臨床実績を積んだ後、地元愛媛で3年間カイロプラクティック院で仕事をしてきました。
その中で、どこに行けば治るのか、どこなら安心して身体を任せられるのか、悩まれることと思います。

そんな時には、目に見える実績が、一つの指標になると思います。
院長高橋はこの世界に入って10年、様々な症状、身体の歪みと出会ってきました。 その中で、外反母趾矯正や巻き爪矯正の豊富な臨床経験を積み、特に足の調整にかけては絶対の自信と実績があります。

メールでのご予約はこちら

追伸

しびれや痛みを放っておかないでください。だんだんと症状が悪化する可能性があります。

当院では全身を調整して体が正常に動けるようにしていきますのでご安心ください。きっとあなたのお役に立てるはずです。あなたのことをいつでもお待ちしております。

痛み・しびれの最後の砦 100年整体葛西院

住所
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西3-1-13
TEL
0120-977-887

定休日:水曜、祝日 ※ 他、不定期で休業させていただく場合があります。

受付時間
9:00〜20:00  x

詳しい道順を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加